ロッキングとは

身体にある骨を丁寧に揺らすことで
筋肉のこわばりをとり、リラクゼーションへと
導きます。

身体を揺らすロッキングテクニックでは、
筋肉や腱の固さをゆるめて、
体に自由な動きを与え
体がゆれるとがんばり続けることができなくなり、
余分な緊張やこわばりを手放して
身体は柔らかさとしなやかさを取り戻します。

そして揺れが治まると、筋肉や関節はその時点で
ニュートラル状態になります。

軽擦法などのマッサージテクニックは、
表面から順に奥に向かって
刺激が伝わるという順番が必要ですが、
ロッキングはゆれているとき表面も深部も同時に動き、
体の奥にも無理なく働きかけることができます。

ロッキングの揺れはその部分だけでなく
全身へと伝わります。

人の身体は柔らかな液体のような性質を
持っているので揺れはまるで波のように全身へ
伝わります。

直接触れることができない身体の部位でも
無理なく働きかけることができるのです。

また、硬い身体には小さな揺れのロッキングを行います。
生きている体はどんなに硬くてもやわらかさがあります。
そのやわらかさに向けて小さなロッキングを行うことにより
硬い身体でもからだの深いところまで届いていきます。

人は大なり小なりの身体のコリを患っています。
身体を揺らすことで全身のコリをほぐし
通常のマッサージなどでは届かない奥底のコリも
解消しリラクゼーションできるのがロッキングなのです。