クラニオセイクラルの可能性

yjimage005

クラニオについては
以前述べたように

とっても価値の
あるものです。

クラニオの記事はこちら

そしてクラニオのいいところは
副作用などもなく

誰でも気軽に
行うことができることです。

昔、葛根湯医という
どんな病気の症状であっても

「葛根湯」を処方していた
お医者さんがいました。

(葛根湯とは
主薬の“葛根”をはじめ
7種類の生薬からなります)

yjimage100

えっ??どんな症状にも??
と疑問を抱いてしまいますね、、。

葛根湯は発汗作用が
あるので

血流を良くしてくれるのです。

つまり、体液(血液、リンパ液、
脳脊髄液など)の循環がいいと

人間は健康なのです。

体液の滞りが
全ての病気の発症なのです。

そして、ほとんどの症状が
葛根湯でよくなったそうです。

なので、あながち
「葛根湯医」という説は

間違っていないのです。

それと同じように
クラニオセイクラルは

体液循環を促してくれます。

それだけで、葛根湯医と
同じ役割を果たせますね☆

クラニオセイクラルで病気、未病を治す

身体の不調があって
病院にいったものの

原因不明といわれた、、。

なんて経験をされた方は
多いと思います。

yjimage (44)

なぜなら
現代の西洋医学は

不調があるところの
原因追求しかしないからです。

それが強みだからです。

クラニオセイクラルの
本を読み進めるにつれて

必ずしも不調があるところに
原因があるとは限らない
実例がたくさんでてきます。

昔の足の怪我によって神経が圧迫され
その緊張によって肩が張り

それによって心臓付近の
しんけいが圧迫されて

その方は何年も
心臓に関わる病気と

闘っていたそうです。

しかし、心臓に異常がないとすると
西洋医学のお医者さんは
なすすべがありません。

不調箇所と闘うのが
西洋医学だからです。

それに比べて
オステオパシーは原因箇所だけではなく
全身をみます。

(オステオパシーとは
外的手術や薬を使わない
医学のことで、海外では
西洋のお医者さんと
同様に扱われています)

*クラニオはオステオパシーの
手技の一つです。

なので、原因不明ということも
減ってくるのです。

身体は必ず
どこに原因があるかを
発してくれているのです。

身体を触らないことの多い
西洋とは違い

違和感を見つけやすく
解決しやすいのです。

クラニオセイクラルの体液循環促進

以前にもお伝えしたように
体液循環が滞ることで
病気がでてきます。

クラニオセイクラルは
脳脊髄液の循環に働きかけます。

そして、微細な感覚が
分からない方でも
(私もまだまだわかりませんが、、笑)

循環がよくなっていっていることを
想像するだけて

体液循環に働きかける
ことができるのです。

クラニオセイクラルの可能性は
無限大です!!

私もまだまだ勉強中ですが
原因不明の神経痛などに

悩まされている方の
お手伝いができたらなと
思っています。

もちろん治療が目的ではなく
私は癒し専門ですが

多くの方の苦しみの
取り除くことが
私の使命だと思っています☆

yjimage08