妊婦さんの塩分の取り過ぎも
不足もよくない??

yjimage (35)

食事でよく聞く「塩分」

妊婦さんは特に摂り過ぎには
注意が必要です。

それではなぜダメなのでしょうか??

塩分を摂りすぎると
必要でない塩分を
排泄しようと腎臓が働きます。

その必要ではない塩分が多いと
必要以上に腎臓が働かないといけないので
血圧があがっていまうのです。

なので「妊娠高血圧症」
につながってしまうのです。

そして、塩分不足もまた
危ないのです!!

摂り過ぎはダメというのは
よく聞きますが
不足で危ないのは

あまり聞かないですが
実は、不足のほうが
危険だったりします。

なぜなら過剰の場合は
腎臓が正常に動いてくれれば
排泄することができますが

不足の場合は、体内で
補うことができないからです。

なので、過剰に増やしたり
減らしたりするのではなく

いつもより
薄味かな~というくらいが
ベストなのかもしれません。

食材のうまみ成分

食材には自然のうまみ成分が
含まれています。

食材を組み合わせることで
一つでは優しい味でも

相乗効果でうまみが
増してくるのです。

017-160x160

干しシイタケの
「グアニル酸」が代表的です。

キノコ類に含まれている
うまみ成分です。

きのこは、低カロリーなので
妊婦さんには特にオススメです。

妊婦さんの薄味の習慣化

妊婦さんにかぎったことでは
ありませんが

濃い味から薄味に移行するときは
味気ない食事に感じてしまいます。

33164553_220x220

しかし、それを習慣化することで
その薄味が当たり前になっていくのです。

副菜が薄味だと、塩むすびのお塩が
実感できてとても美味しく
感じるのです。

不思議ですね~。
この当たり前をぜひ
妊婦さんの時期に

気づきあげていくことで
産後の体調も
よくなっていきます♪

ぜひ薄味を習慣化して
当たり前にしてみましょう(*^_^*)

マタニティー食はこちら