ナチュラルStyle
セラピスト☆

Family loveです❤

 

妊娠中にでる
リラキシン

020-160x160

妊娠をすると
いろいろな
身体の変化が
起こってきます。

そして
「腰痛」

一つの悩みに
なる方も
多いと思います。

その一つの
原因として
あげられるのが

「リラキシン」

というホルモンです。

出産の時に
赤ちゃんが

出てこれる
ようにと

妊婦さんの
身体を

10か月かけて
緩めているのです。

今と昔

 

昔の女性は
機械など
何もないところから

炊事、洗濯、お風呂など
全てを一から
行っていたので

嫌が追うでも
身体を動かしていて
筋肉がついていました。

しかし、今の時代は
スイッチ一つで

機械がなんでも
やってくれる時代。

なので
圧倒的に

運動不足なのです((+_+))

それなのに

「リラキシン」が
働くことで

緩んでる身体が
さらに緩んでしまうのです。

なので、最近では
歩けなくなってしまう
妊婦さんなんかもいます。

それを改善するには

{必要以上に
身体を緩めないこと}

なんです。

緩むことは
赤ちゃんにとっては
とても大切なことです。

しかし、緩みすぎて
身体がおかしくなり

さらに運動が
できなくなってしまう

負のスパイラルが
起こってしまうのです。

 

適度な運動と引き締め

 

一番の対処法は

緩み過ぎている
骨盤を支えてあげることです。

私は
ネットなどでも
簡単に買えて

しかもお安い

さらしを巻きました。

yjimage (3)

そして
注意して
いただきたいのは

巻く位置です!!

yjimage (5)

大転子という骨
の高さが目安です。

みなさんが
思っているよりも

きっと
低いのではないかと
思います。

お腹近くで
巻いてしまうと

赤ちゃんが
息苦しく
なってしまうので
気を付けましょう!!

さらしを
巻きながら

マッサージなんてことも
OKです♡

リラキシンに
負けない

味方につけた
妊婦生活が
送れますように☆

マタニティーマッサージは
そのお手伝いができます♪

027

マタニティーマッサージの詳細はこちら