ナチュラルLifeセラピスト☆Family loveです(*^_^*)

「子は親の鏡」

と昔から言われるように、こどもは嫌でも親のマネをします。

マネをすることから、いろいろ学んでいくんです。

それは産まれてくる前、つまり胎児のときから始まっているそうです。

 

受胎の数日後、胚の中に小さな動く最初の細胞の塊が生まれます。

それが心臓の始まりです。その小さな塊はもうすでに音を感知するといいます。
音を感知する理由・・

それは、母親の心音という刺激をすくいあげると考えらています。

つまり、胎児自身の心臓をつくるのに母親の心音を必要としているのです。

 

すごいですよね!!

ベビーが心臓を作るのにすでに「マネ」が始まっているんです。

母親の心音、呼吸、そして動き全体によって胎児は持続的で穏やかな音と動きの世界に包み込まれます。この環境の中で、胎児の神経が発達していくのです。

 

と、いうことはいかにマタニティー期のママの精神状況が大切かがわかりますね。

しかし、身体にかかる負担は計り知れないもの。

その、マタニティー期を楽しく乗り越えるのが、まさにマタニティーマッサージです。

 

ママの癒しは、ベビーの癒し。

そんなママの癒しを是非マタニティーマッサージで(*^_^*)