ナチュラルStyleセラピスト☆
Family loveです❤

 妊娠中の悩みのひとつ「腰痛」

020-160x160

妊娠をするといろいろな身体の変化が
起こってきます。
そして「腰痛」もその中の一つの悩みになる方も
非常に多いと思います。

妊娠中の腰痛の原因はいろいろとありますが
その一つの原因としてあげられるのが

「リラキシン」

というホルモンです。

リラキシンってなに?

リラキシン女性ホルモンの一種で
この女性ホルモンのリラキシンが良く分泌されるのが
月経前と妊娠3か月から出産までと言われています。

非常に長い期間分泌されるのでその間は腰痛に
悩まされやすいということになります。

ではこの女性ホルモンリラキシン
身体にどういう働きをするかと言うと
出産の時に赤ちゃんが出てこれるようにと
妊婦さんの身体を緩める働きをしているのです。

特に出産時に赤ちゃんが通る骨盤「恥骨結合」という
骨盤を緩めるための女性ホルモンなんですね。

今と昔の違いが腰痛の原因?

昔の女性は機械など何もないところから
炊事、洗濯、お風呂など全てを一から
行っていたので嫌が追うでも身体を動かしていて
筋肉がついていました。

しかし、今の時代はスイッチ一つで機械がなんでも
やってくれる時代。
なので圧倒的に運動不足なのです((+_+))

それなのに「リラキシン」が働くことで
緩んでる身体がさらに緩んでしまうのです。
なので、最近では歩けなくなってしまう
妊婦さんなんかもいます。

それを改善するには

{必要以上に身体を緩めないこと}

なんです。

緩むことは赤ちゃんにとっては
とても大切なことです。

しかし、緩みすぎて身体がおかしくなりさらに運動が
できなくなってしまう負のスパイラルが起こってしまうのです。

適度な運動と引き締め

 

一番の対処法は

緩み過ぎている骨盤を支えてあげることです。
私はネットなどでも簡単に買えてしかも
お安いさらしを巻きました。

yjimage (3)
晒し(さらし)小巾木綿 生地【布地 生地 綿 さらし 白 生地】妊婦さん腹帯・お祭り・布オムツ等…

そして注意していただきたいのは巻く位置です!!

yjimage (5)

大転子という骨の高さが目安です。

みなさんが思っているよりも
きっと低いのではないかと思います。

お腹近くで巻いてしまうと赤ちゃんが
息苦しくなってしまうので気を付けましょう!!

さらしを巻きながらマッサージなんてこともOKです♡

リラキシンに負けない身体を味方につけた
妊婦生活が送れますように☆

マタニティーマッサージは
そのお手伝いができます♪

027

マタニティーマッサージの詳細はこちら