ナチュラルLifeセラピスト☆Family loveです。

妊婦ならではの誤解

長男の初めての妊娠。全く何事もなくいたって健康そのものでした。

しかし、人生で初めての食欲。昔から食の細かった私からすると、
気が狂いそうになるくらい押し寄せてくる空腹感。

その空腹感にまかせて好きなだけ好きなものを食べていたので、
身体への負担はすさまじいものがありました。

お腹が大きくなるにつれてどんどん辛くなり、
背中が張って息が苦しくなったり、筋肉の凝りがひどくなったり、、
でも妊娠中だから仕方がないんだと諦め、最後まで乗り切りました。

次男を妊娠したときには、部分前置という診断をされて
長男のときよりも落ちてくる感覚が常にあって、
二人目だからかなぁ~なんて軽く考えていたのですが

あるときから足に激痛がはしるようになり、
歩けなくなることがしばしば。
頑張って足を引きずって歩く。というような日々でした。

長男のお世話もあるので休んでいるわけにもいかず、
どうにかならないかなぁ~と病院で相談したのですが

「妊婦さんは仕方ないよね。」

の一言。

え?!

痛くて歩けないのに、仕方ないという一言ですまされて
我慢な妊婦生活を送らないといけないの?

なんだかさみしい思いをしてとぼとぼ帰ってきたのを
今でも鮮明に覚えています。

 妊婦マッサージは悩める妊婦さんの味方

そんな経験から、出会った妊婦マッサージ。

きっと私の様に「妊婦だから仕方ない」と諦めてる人や、
そう言われてしまったという人も多いはず!!

確かに、お医者さんでは「仕方ない」部類なんですよね。
だって病気じゃないんですから。

お医者さんで治せないことでも、
私のようなセラピストが治せちゃうことってじつはたくさんあるんです。

じゃなかったら世の中にお医者さんだけいればいいことになってしまいますから。
東洋と西洋の違いでしょうね。

 妊婦マッサージで出産の悩みをハッピーに!

だからこそ、私は声を大にして言いたい!!

妊婦さんの大変は、仕方ないことでも我慢することでもないんです。

全てを取り除くことはできなくても、少しでもHappyと思えるような、
マタニティーLifeのお手伝いはさせてもらうことができるのです。

一生のうちでほんの一瞬の「大切な命をわけた我が子」との一体としていれる時間。

でも、苦痛の比率が大きければ大きいほど、そ
の10か月ってとてつもなく長く感じてしまうのです。

もちろん、出産して終わり、、ではなく、妊婦生活は終わりですが、
ながーい育児生活が待っているのです。

そんなながーい育児生活も楽しく送れるように、
マタニティーLifeを是非、妊婦マッサージでHappyなものにしてみませんか??

mamalove